2009年02月07日

TCAピーリングの注意点

TCAピーリングには、気を付けなければならない事がいくつかあります。


まず、TCAピーリングを受ける前に今自分が、どのような状態にあるのかよ〜く考えて下さい。

TCAピーリングは誰にでも受けられるものではありません。
受けてはならない状態にある場合があります。


TCAピーリングを受けられない状態というのは、皮膚炎を起こしている方やヘルペスがある方、また結膜炎や鼻炎のある方を指します。

このような状態では、受ける事はまずできませんね。

受ける前に、ある程度の努力は必要になってきます。普段の生活習慣を見直し、睡眠不足は避け栄養の整った食事を摂るようにしましょう。


また、ストレスを抱え込まないように上手くストレスを解消する事も必要です。

TCAピーリングを受けた後は、新しく皮膚ができてくるまでは紫外線は避けて下さい。

剥けている皮膚を無理やり剥がさないように注意する。無理
やり剥がすと、痕が残る原因となります。また、汗をかくような激しい運動はしない。

汗は塩分を含んでいる為、痛みが伴い炎症を起こす恐れがあります。

赤みや皮膚の腫れは、一時的と言われていますが十分なケアが必要です。

医師から処方された内服薬をきちんと服用し、化粧水や専用UVケアクリームを塗り予防に努めましょうね。

最近では、自宅で行えるTCAピーリング剤を輸入したり販売されています。


しかし、酸が強すぎたりして剥がれた皮膚がなかなか戻らなかったり、赤みがとれない、色素沈着を起こしたりというトラブルが続発して
います。


個人での使用は、危険です。
使用するなら、比較的に酸が弱くダメージの少ないフルーツ酸を使ったピーリングをお勧めします。
posted by クラウド at 04:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
債務整理即解決
三井住友カードプレミアムカード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。