2009年02月07日

レーザーピーリングの種類

一言にレーザーピーリングといっても、レーザーピーリングにも実に色んな種類があるのです。


お肌の状態によって、それぞれ使い分けされています。

レーザーピーリングの種類について少し説明したいと思います。


@フォトプラス(SPL)

フォトプラスは、シミ・そばかす・くすみ・ホクロに使われるものです。
濃いシミを薄くする作用をもたらし、除去することを可能にした治療法だと言えます。



Aフォトプラス(LP500)

メラニンや血管異常による肌の赤みに使われるものです。
メラニンにも赤みにも効果的に作用します。
皮膚の色改善に優れており、キメの細かいお肌にする治療法です。



Bフォトプライト

フォトプライトは、様々なお肌の悩みに対応した治療法です。
あまり効果が得られなかった肌トラブルも、フォトプライトを使えば改善したりと高い効果が得られます。



Cジェネシス

赤ら顔やたるみに使われるものです。
皮膚の奥の奥にまでレーザーが浸透し、コラーゲンを増やす作用があります。
治療を受けた時から、効果を実感する事ができます。



DQスイッチャグレーザー

よく使われる治療法で、オールマイティに活躍するものです。
色素異常にとても有効的で、あざやタトゥーの除去等にとても有効的。



E炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、強力な力を持っています。化膿したニキビ等の膿を外に出してくれます。
殺菌作用もあり、炎症が抑えられニキビのできにくい肌にしてくれる治療法です。



このように肌の状態に合わせて、レーザーピーリングはその時その時に適したレーザーを使って治療を行っています。

ですから、自分に合ったレーザーピーリングを受ける事ができるのです。
肌トラブルが起きないよう、深度を調整しながら慎重に行っていくので心配もありません。


自分に合った治療法を見つけて、お肌の悩みを解決しましょう。
posted by クラウド at 03:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
債務整理即解決
三井住友カードプレミアムカード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。